仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年06月26日 (木) | 編集 |
少し前のものですが、ネットの記事より。

98歳殺害容疑、借家人の男逮捕=
亀戸アパート経営者絞殺事件―警視庁
時事通信 6月15日(日)18時4分配信


東京都江東区亀戸のアパート経営増島きよさん(98)が
今年1月、自宅で殺害された事件で、警視庁城東署
捜査本部は15日、大家の増島さんを殺害したとして、
借家人のアルバイト大津翼容疑者(29)を殺人容疑で
逮捕した。
「本当に申し訳ない」などと容疑を認めているという。

逮捕容疑は1月25日ごろ、増島さん宅で、増島さんの
首をロープで絞めるなどして殺害した疑い。
捜査本部によると、大津容疑者は数カ月分の家賃を
滞納し、「支払いの猶予を願い出たところ退去を
求められ、かっとなってやった」などと供述している。
同容疑者は2009年秋からアパートに住んで
いたという。

増島さんは25日昼ごろに殺害されたとみられ、
27日午前、自宅1階和室のこたつで死亡して
いるのを、訪問した介護職員に発見された。
司法解剖の結果、死因は首を絞められたことに
よる窒息死と確認された。

遺体発見時、増島さん宅の玄関は施錠され、
鍵は屋外から見つかった。押し入った形跡がない
ことなどから、捜査本部は、1人暮らしの増島さんが
顔見知りの犯人を自宅に招き入れた後に殺害
されたとみて、捜査を進めていた。 



家賃を滞納された上に、命まで奪われる。
被害者にしてみれば、たまったもんじゃない。

滞納家賃は"数ヵ月分"とのことだけど、
いったい何ヵ月分だったんだろう。
家賃はいくらだか知らないが、3ヵ月以上
たまるとかなりキツくなるんじゃないのかな…
職業はアルバイトとなっているものの、
実質は無職に近かったのかもしれないし。

普通の人は、まず家賃や公共料金等を支払い、
残った金額でやりくりしますよね。
滞納する人って、そういった優先順位が逆に
なりがちなタイプが多いんじゃないかと思う。
自分の趣味・娯楽、食費…最後に家賃。

今まで、滞納者と直接会ったことも何度か
あるんですが。
かなりの金額を滞納しているとは思えない
見た目の人は多かったです。
パッと見すごくオシャレで、服や身につける
ものにこだわっている感じで。
ひとつひとつが高そうな雰囲気。
でもオーナーや業者からすると、そういう所に
かけるお金があるなら、家賃払ってよ
声を大にして言いたくなりますね。

中には、かなり滞納したけど地道に支払って
追いつく人もいますが・・・
なかなかそうはいかない。
一度多額の滞納をしてしまうと、追いつくのは
容易じゃありません。

この事件は、支払いの猶予を願い出たものの
退去を求められカッとなって…とのこと。
もしかしたら、過去にも滞納を繰り返して
いたのかも?などと思ったりもしました。
オーナーにもよるけど、初めて&数ヵ月の滞納で
いきなり出て行けとは言わない気がするし。

いずれにせよ、殺人のきっかけにまでなって
しまった家賃滞納。
過去にも同様の事件はありましたが、
オーナー、業者にとっては、何とも言えない
気分の悪さが残るのでした。


ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

2013年08月06日 (火) | 編集 |
滞納者と支払いについての話し合いを
していると、中には逆ギレする人もいる。

金額が膨らむと、連帯保証人も逃げ腰になって
しまう人が多く、そうなると法的手段に頼ることも
チラチラと視野に入ってくるわけです。
で、そんな感じの話を出した途端、今までの
低姿勢から逆ギレに急変。

「払わないとは言ってない」
「今までも払わないなんて言ったことはない」
「払いたいがどうにもならない」
「申し訳ない気持ちでいっぱいなのに、差し押さえだ
法的手段だと脅す(?)のならやればいい」

等々。

大きな声で、人によってはテーブルを叩きながら
まくしたてる。
脅しているのはいったいどっちだよと。
でも、現実には多額の滞納が発生しているのです。
オーナーも入ってくるはずのお金が入ってこず
維持管理にかかる支払いに困ったりする。

支払う気持ち、申し訳ない気持ちはあるんだと
何度も繰り返すのだけど、じゃあ具体的な
返済計画はとなると、のらりくらり。。。
そのための話し合いなのに、論点をそらして
ばかりで堂々巡りです。

誠意誠意と言うけれど、今まで支払いに関する
話を切り出すのは、いつもオーナーや業者から。
本人は、1万でも2万でも支払う姿勢を見せて
くれたこともなかったりする。
それでいくら払う気はあると言われてもね…
と思ってしまいます。

滞納自体もそうですが、逆ギレした時点で
アウトかなと私なんかは考えますよね。
いくら申し訳ないと言われても、本当はそうは
思ってなくて、口先だけなんじゃないかと。
こういった修羅場のような時には本性が
出ると言うし。。。
もう不信感でいっぱい(笑
まぁそれだけ借主も追い詰められているのかも
しれませんが。
でも、オーナーだってそれは一緒。
死活問題ですから。

そんなこんなの滞納者の逆ギレ。
滞納だけでも印象悪いのに、逆ギレときたら
何をか言わんや・・・ですね。


ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…

2012年02月17日 (金) | 編集 |
既に色々と取り沙汰されていますが・・・
家賃月額45万と65万の2部屋で
計660万円もの滞納になっているとか。
私が業務上で見聞きする累積の滞納額でも
多くて数十万から100万程度。
やはり家賃が高い分、数カ月の滞納でも
金額が桁違いですね。


裁判にも出廷しなかったそうで、このままいくと
敗訴→強制執行が濃厚のようです。
強制執行となると、荷物などを運び出されて
文字通り強制的に退去させられます。
ちなみに、私の会社でも今まで1件だけ
強制執行までいったことがありました。
強制執行は結構な手間と費用がかかります。
他の業者はどうか分かりませんが、かなり
タチの悪いケースじゃないとなかなか
そこまではいかないですよね。


中島さんの滞納に関しては、原因が少し複雑で
個人的には同情する部分もあります。
ただ現実として訴えを起こされ強制退去も
時間の問題となっているわけで。
それは、彼女の芸能人としての商品価値、
実績等々に大きなキズがつく事になって
しまうんじゃないかと・・・
でも、聞こえてくる彼女自身の現状は、一刻も
早く打開しないとまずいですよね。
皮肉ですが、もしかしたら強制執行が一つの
きっかけになるのかもしれません。。。


ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…

2011年09月24日 (土) | 編集 |
少し前のニュース記事ですが。
業者としてはちょっと複雑な気持ちに
なりました。

家賃支払いわずか7%…借り上げ被災者住宅
宮城県が震災被災者用に借り上げた民間賃貸
住宅の家賃の支払いが滞り、支払い済みの件数は
全体のわずか7%にとどまっている。
入居希望者が多く、県の契約手続きが遅れて
いることに加え、人手不足から担当職員を1人
しか配置できていないのが原因。
家賃収入を得られない大家や、管理費を肩代わり
している不動産業者からは「死活問題だ」と
悲鳴が上がっている。

※詳細はコチラ→読売新聞

また、別の記事によると、提出された契約書の
不備も多いために県には家主から問い合わせが
来ているんだとか。
※詳細はコチラ→毎日新聞


これではオーナーや業者が悲鳴を上げるのも
無理はありません。
全体の7%しか支払われていないなんて・・・
ほぼ全部の物件が滞納状態と言えますよね。
貸し手側にしてみれば、借主は「県」だからと
安心していただろうし、被災した方達のために
動いた部分もあったでしょう。
その結果がこれでは・・・
もちろん、状況が状況だけに一方的に行政を
責めるのは気の毒だと思います。
でも、オーナーや業者も経営、生活がかかって
いますからね。
かと言って、退去を迫るわけにもいかない
特殊な状況。
正直、同業者として同情してしまいます。


通常の滞納とは違うと言えるので、滞って
いる分はいずれ支払われ回収不能なんて
ことにはならないでしょう。
それでも、目の前の家賃収入が入ってこない
オーナーにとっては本当に死活問題。
維持管理にも影響を与えかねません。


ちなみに、同様の支援をしている岩手県、
福島県では、家主への家賃支払いは9割以上
済んでいるとのこと。
宮城県も、担当職員を増やせないのなら
事務手続きを外部に委託したり、他の自治体に
応援を要請する等、何らかの対応は出来ない
ものなのかな・・・?
こういう状況が長引くと、今後はそれこそ
"被災者お断り"物件が増えてしまう恐れが
出てくる気がするんですが。
その影響は結局、被災者に返ってくることに
なるわけで。
行政も大変な状況とは思いますが、何とか
一刻も早い対応をお願いしたいものです・・・



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…

2010年09月12日 (日) | 編集 |
天気予報では、火曜日以降は秋を感じる陽気になり
過ごしやすくなるとのこと。
本当だろーね(疑いの目
「今週が山場です」的な予報を毎週聞いていた気が
するので、すっかり疑り深くなってしまった…
もうこれ以上長引いたら、おばちゃん寿命が縮むわ。




さてさてまたニュースを検索中に気になる記事が。
以下一部を抜粋。

市営住宅の滞納家賃、累計2億5千万円超す

富山市営住宅の家賃を滞納する人が増え続け、
2009年度までに累計の滞納額が2億5000万円を
超えたことが、本紙の調べでわかった。
 県営住宅でも滞納額が9450万円と累積。市は家賃
などの取り立てを目的に今年、専門部署を設けたほか、
滞納者に部屋の明け渡しを求める訴訟が今月、新たに
3件始まる。
 市市営住宅課によると、市営住宅(約4360戸)の
滞納額は、05年度に2億51万円だったのが、09年度
には2億5137万円と25%増加。
県建築住宅課によると、県営住宅(約2730戸)でも
09年度に滞納額が9450万円を超えた。
 県、市とも3か月~半年以上の滞納者で、家賃を支払う
意思がない人に対し、00年頃から富山地裁に部屋の
明け渡しを求めて訴えるケースが増加。提訴した件数は、
これまでに計104件に上る。

詳細はコチラ→ 読売新聞





何だかすごいことになってますね。
給食費の滞納もそうですが、お金があるのに払わない
人も沢山いるのでしょう。
公営住宅って、民間の賃貸住宅より滞納に対する
意識のハードルが低いんじゃないかと個人的には
以前から思っていたんですが。
こうやって具体的な数字を見せられると、あぁやっぱり
と思うと同時に、暗澹とした気持ちになります。
ちなみに。。。
うちと関連会社の所有・管理物件は合計で500~
600室位、この市営住宅の10分の1程度です。
滞納額も単純に10分の1と置き換えると、総額で
2千500万。
恐ろしくなるほどの金額です。
普通に考えれば経営への影響は大きいし、そこまで
膨れ上がってしまうと、全額回収は難しいでしょう。



記事によると、明け渡しを求める訴訟も行われたり
しているようですが。。。
それはそれでまた費用と時間がものすごくかかるん
ですよね。
かと言って、何もしなければ滞納額はどんどん増える。
うちも裁判をやったことがありますが、滞納者一人を
追い出すのに百万単位のお金がかかります。
弁護士費用、残物処理等々。。。
更に室内が汚ければリフォームの必要もあるし、
滞納だって全額回収出来るかは分からない。
滞納額は大きいのに、返済は月々1万とか2万ずつ
なんてことも。
いずれにせよ、金銭的な負担は相当大きいのです。
公営住宅なら、裁判費用には当然税金を使うわけで…
トータルでいったいどれだけの金額の損失になるん
だろう?
滞納額がこんなに膨れ上がる前に、どうにかならな
かったのかと思うばかりです。




ちなみに、富山市では今年、市営住宅の滞納者だけで
なく、市民病院の治療費や公立学校の給食費などの
滞納者対策のため、「債権管理対策課」を新設した
とのこと。
何だか、え?今頃?な感じがしなくもないですが…
いずれにせよ、税金その他をまじめに払っている市民の
ためにも、毅然とした対応をして欲しいものですね。
それに、滞納は市の財政への影響も決して小さくは
ないでしょうから。
しかし、これはあくまで富山市だけの話。
恐らく氷山の一角で、全国的にはどうなんだろうと
考えると空恐ろしい気持ちになるのでした。。。



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。