仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年08月31日 (火) | 編集 |
先日記事にした「孤独死」の問題。
他の関連記事を読んでいた際、病死、自殺、事件等
何らかの死亡事故に備えて、貸主に対する新しい
保険サービスが登場したというのを目にしました。
それによると、少額短期保険業者「アソシア」から
マンション・アパート内での死亡事故に対応する
新しい保険が10/1より販売されるそうです。
概要は

・死亡事故が発生した場合、最長6カ月分の家賃を保障
・保険料は戸室全体の家賃合計から算定し、仮に1カ月の
 家賃合計が70万円だと、年間保険料は8540円


とのこと。




また、「エース損害保険」日本法人は、「賃貸管理リスク
ガード」の販売を今年4月から既に開始。
こちらは管理会社向けのものだそうです。
通常、死亡事故が起きた際には、管理会社がオーナーに
改装費や家賃補償のかわりに見舞金を支払うことが多く、
この見舞金を上限額200万円まで支払う保険だとか。
掛け金は月額1室あたり100~300円程度。
ちなみに…
うちが管理委託契約を結んでいるオーナーの物件で
死亡事故が起きたことは今までありません。
なので、「見舞金」を支払うのが通例というのを聞き
少々驚いた次第です。
確かに、その管理会社を通して入ったお客さんなの
だから…と考えれば納得出来なくもない。。。
遺族側に諸々の費用や損害賠償を請求しても支払って
もらえないケースも多々あるようですし。
とは言ってもねぇ。。。



いやーしかし、オーナーにとっても管理業者に
とっても、万が一事故が起きた場合の痛手は
大きいものだと改めて感じさせられますね。




よく考えてみたら、災害に対応する保険は当たり前に
あっても、死亡事故に備えて…というのはなかった
もんなぁ。
死亡事故対応の保険が生まれたのも、保障を求める
声の高まりからだったそうです。
それはつまり…孤独死や自殺等が増加していることを
意味するのでしょうね。
何とも複雑です。。。
保険に加入するか、オーナーが自らリスクに備えて
家賃から積み立てるか。
どちらが良いのかは、物件の規模や保険商品の
内容によっても違ってくるのだろうけれど。
業者としても、どんなものか少々気になります。
個人的には、、、
退去後の原状回復に関する保険なども出てきたら
面白いかも、なんて思ったり。
これからは、借主向けのものだけでなく貸主向けの
きめ細かい保険も必要な時代なのかもしれません。



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

2010年08月27日 (金) | 編集 |
あーー今日も憎たらしい位に暑い
言っても言わなくても暑いことに変わりはないが、
毎回同じセリフがつい出てしまうのであります。
アスファルトから湯気が出てるように感じる
蒸し暑さ。。。
そんな中、昨日今日と外出です~!
しかも今日は、エレベーターなしの6階のお部屋へ!
もう汗だくでドロドロの息切れの~~!!
あは、あはは~(気がふれた)





ところで昨日のお昼。
saizeriya-ikasumi.jpg
サイゼリヤのイカスミスパゲティ。



見た目はアレですがとても美味しいのです。
但し、口…というかくちびるが黒くなりますが。
シワにまで入り込んだりなんかするので
ごしごし拭かないと落ちません(笑
なので口紅も全部取れてしまう。
ま、どーせ既に汗で化粧が落ちてますんで
この際もう関係ありませんわ。




さて汗まみれの中の写真撮影も終わったし
これからお昼です。
今日は何を食べようかな、、、



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…

2010年08月25日 (水) | 編集 |
あ~もう毎日毎日暑くて本当にウンザリ(*_*)
暑いのもいい加減飽き飽きです。
しかし…
9月も気温の高い状態が続く見込みのようで
暑いの大嫌いなわたくしは発狂しそう。。。
今年の猛暑、熱中症による死者は過去最悪の
ペースだとか。
残暑も厳しいそうですから、まだまだ油断は
禁物ですね。




熱中症で思い出したのですが、先日ネットで気になる
記事がありました。
私も不動産業者として関心のある内容。。。
それは、自殺、孤独死、事件現場を専門とする
清掃業者の方のお話です。
今まで1,000件以上扱ってきたというその業者の話に
よると、「高齢者よりも働き盛りの男性が突然死
するケースが多い」んだとか。。。
少し意外な感じがしますよね。
高齢者は病院通いや介護を受けたりすることが多く
異変に気付くのが早い。
一方、普段は元気な45-65歳の独身男性の突然死が
多いそう。
コンビニ弁当や飲酒など、不健康な食生活が続くのも
原因なのだろうと。
更に、失業中であれば発見されるまでに時間がかかり
後の処理も大変なことに。。。
特に「におい」はありとあらゆる所にしみついて
しまうそうで、除去は簡単ではないようです。




リフォーム可能な状態にまで持っていくのがその業者の
仕事だそうで、遺品整理も込みで費用は約30万円。
費用は遺族が支払うのが原則となっていても、身内が
見つからなかったり、たとえ親類が見つかっても
費用の支払いは拒否し「遺骨だけは引き取る」という
ケースが多いんだとか。。。
遺品もほとんど資産価値がなかったり、また、通帳が
あっても勝手に下ろすわけにはいかない、、、
結局、オーナーが全額を負担することになってしまう
ようです。
こうした中、大手賃貸業者の一部には、40代以上の
単身者に物件を貸し渋る所もあるそうです。




実はうちも、50代以降の独身男性の申し込みに
関しては敬遠する傾向があります。。。
恐らく、多かれ少なかれどの業者もオーナーも
その傾向はあるんじゃないかと。
ただうちの場合、それは「孤独死」を念頭に置いた
ものではなく…
なかなか気難しい人が多い、というのが理由です。
もちろん、年齢や性別に関係なく気難しい人は
気難しいし、対応に苦慮する人も沢山います。
でも今までの経験上、年配の独身男性にその傾向が
強いと感じる部分もあり。。。
結果、避けてしまうのは否めません。



少々話が脱線しました。
いずれにしても、もはや孤独死は高齢の方だけでなく
40~50代の働き盛りにも無関係ではなくなって
きたようです。




業者・オーナーとしては、当然のことながら自分の
物件でそのようなことは起きて欲しくない。
亡くなった方については本当に気の毒だし、
誰だってそうなる可能性はあるんだけれど
オーナーサイドには現実問題が。。。
後の処理からリフォームに多額の費用がかかる、
お客さんへの告知義務、入居が決まらない、家賃を
下げざるをえない等々、、、様々な形での負担が
のしかかってくることになるからです。
今後は入居審査の上で、そういった観点からも
判断していかなくてはいけないんだろうか、、、
高齢者に関しては、孤独死を防ぐために役所や
ボランティア等による安否確認が行われることも
あるでしょうけれど。
働き盛りの中高年単身者は盲点なのかも。
色々考えると、何とも複雑な気持ちになりますね…



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…

2010年08月22日 (日) | 編集 |
いやぁ今日も暑かった。。。



先週末、夏休みが終わり金・土と2日出勤し
気付けば日曜日になっておりました。
休み明けにいきなり丸々1週間働くのは辛いから
2日間で良かった。
暑いから余計にしんどいし。
うちの場合、夏も冬も休みは日付で決まっています。
なので、休み最終日が日曜日で月曜から仕事再開と
いう風にはならないんですよね。




そんな休み明けですが。やはりバタバタでした。
たまった郵便物やFAX、書類の処理等のデスクワーク、
休み前に出来なかった物件チェックのために外出…
更に、こういう時に限って普段はほどんど来ない
飛び込みのお客さんが立て続けに来たりして。
ほぼ丸一日立て込んでいたと言えます。
息をつく時間がない感じだったので、帰宅後は
ドッと疲れが出ました。。。
まぁ1週間も休んでいたんだから仕方ないですね。




翌日の土曜日は1人出勤。
通常、出勤土曜はマイペースに仕事がやれ、気分的
にもかなり楽です。
この日も午前中は掃除機をかけたり等マイペースに
やっていたものの、、、
午後はこれまた珍しく来客があり、対応にかなり
時間を割き…気付けば夕方になっておりました。
それから終業までは事務処理に追われ、あっという
間に1日が終了。
結局、いつもとは違い何だかんだと慌ただしく
過ごした次第です。




こんな感じで、わたくしの夏休み明けの仕事が
スタートしました。
お盆休みから既に約1週間が経ちましたが、
みなさんも休み明けはやはりバタバタと慌ただし
かったのでしょうか?



次の長い休みは年末年始。。。
先はだいぶ長いけれど、またそれを心の支えに
頑張るとしますか、、、



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…

2010年08月19日 (木) | 編集 |
無情にも夏休みが終了しようとしております。
明日から仕事か…はぁ………
夏休み突入前日は「ひゃっほぅ1週間もある~!」と
うかれポンチ(死語)だったものの、やはりあっという間
でしたわ。
休み中は暑さにウンザリしつつもちょこちょこと出かけ
家から1歩も出なかったのは1日だけでした。
また、いつも通り地味にカーテン等の洗濯もしたり…
巷には海外でヴァカンス、なんて人も沢山いたで
しょうが、私もそれなりに充実してましたっ。ちっ。




そして最終日の今日はこちらへ。
jl-museum0.jpg
コンサートや格闘技等の様々なイベントが行われる
「さいたまスーパーアリーナ」がある駅です。
さいたま新都心の駅周辺は、今でこそ色んな
ショッピング・グルメスポットが沢山あり一つの
「街」となっていますが、ほんの10年位前まで
ほんっっとーに何もなかった。
元々は旧国鉄の操車場で…「荒野」みたいな感じ
だったのです。
それがすっかり様変わりし、現在はビルが立ち並んで
います。



そんなさいたま新都心ですが。
わたくしの目的地はコチラ。
jl-museum1.jpg
ジョン・レノン・ミュージアム。
ミュージアムもスーパーアリーナ内にあります。



9月末での閉館が決まり、それまでに一度は行って
おきたいと思っていました。
多分、来月は混雑するだろうし、先延ばしにしたら
いつの間にか10月になってた、なんてことになり
そうだったので。
余談ですが、夏休み中(8/30まで)は小中学生の
入場料が無料だとの貼紙がしてありました。
ちょっとビックリ。
ちなみに、私が見学した時間には館内に小中学生
らしき人はいなかったけど…
また、コブクロやゆずが今年来館したらしく
写真が飾ってありました。




写真や映像でしか見たことのない衣装や楽器類は
何度見ても釘付けになります。
あのアルバムジャケットでコンサートで着ていた衣装、
使っていた楽器が目の前にある…
何とも不思議な感覚です。
ちょっと残念だったのは、歌詞が書かれたメモ等
一部がレプリカだったこと。
劣化防止のため仕方ないんですけどね、、、



jl-museum3.jpg
彼の人生は40年と短かったけれど、本当に波乱万丈で
密度も濃くて。
人の何倍も濃密な人生を、あっという間に駆け抜けて
行ったのだなと改めて感じさせられました。
それでも、最後の時期にヨーコやショーン(息子)と
心静かに暮らす日々を送れたことは、せめてもの
救いだったかもと個人的には思っています…
jl-museum2.jpg
※ミュージアム内は撮影禁止。
こちらはエントランスに飾ってあるパネルや
写真を撮影しました。





そんなこんなであっという間の1週間。
夏休み最終日に大好きな人に会いに行き
満足の"締め"になりました。
ここの所雑談ばかりが続きましたが、明日以降は
また通常モードに戻る予定です。
しかし明日が辛いなぁ。。。。。



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…

2010年08月16日 (月) | 編集 |
あ、暑い!
ぬわんじゃこの異常な暑さ。まるでサウナだ。。。
そんな中、今日から仕事再開の方も多かった
ことでしょう。
休み明け…しかも猛暑日ときては辛さも倍増すると
いうものです。
ちなみにわたくしは。。。
昼間っからビールを飲んだり、美味しいものを
食べたりしておりました~ ←神経逆撫で発言




友人宅にお邪魔してランチをご馳走になりつつ…
ibm-launch.jpg
3人で喋りまくること5時間(笑




もう随分と長い付き合いになるけれど、現在はそれぞれ
生活環境や置かれた状況も異なり、昔のように頻繁に
会うことはありません。
でも、いつ会っても話は弾んで、、、
気心の知れた友人はいいなと思いますね。
あ~楽しかった。




しかし…
気付けば休みは既に4日目が終了
な、なんかちょっと憂鬱になってきた。。。



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…

2010年08月13日 (金) | 編集 |
今日から1週間の夏休みに突入しました~ヤター
わたくし従業員A、ここ1カ月はこれを支えに暮らして
きたと言っても過言ではありません。
しかし…休暇は気付けばあっという間に終了して
しまうもの。
これは急がねば(?)ってことで、1日目の今日
早速出かけてきました~




場所は池袋のサンシャインシティにある
水族館&展望台。
カップルや家族連れが訪れる定番スポットという
感じでしょうか。
サンシャインシティ内のショッピングエリアは
今もたまーに行くことはあるんですが、水族館と
展望台は本当にすっごい久しぶり。
いや~何だか懐かしいなぁ。。。
しかし今回は、双子の姪達を連れての行動なので
懐かしさに浸っている余裕はありません(笑




営業開始時間頃に到着するよう早めに出たものの
お盆・夏休みということもあって、到着すると
既に沢山の人達でごった返している状態。
一つ一つの水槽をゆっくりじっくり見ることは
なかなか難しかったけれど、まぁそれなりに
楽しめました。
ちなみに私が一番印象に残ったのは、、、、、
sunshine-suizokukan.jpg
砂に突き刺さったようなニョロッとした生き物。
(名前を確認し忘れた)
あちこちに突き刺さっていて、少々不気味な
光景でもあり。
他にきれいな魚も沢山いたけれど、私はなぜか
これに釘付けになってしまったのでした。




さて水族館の後は展望台へ。
60階からの眺めはさすがに壮観です。
真下を見ることが出来る展望エリアもあり、、、、、
sunshine-masita.jpg
ヒャーーー ←高所恐怖症



今何かと話題のスカイツリーが遠くに見えます。
sunshine-skytree.jpg





途中、姪達の「疲れた」「喉乾いた」「トイレ」等々の
雑音(←こら)が頻発しながらも、それなりに楽しめた
気がします。




何はともあれ、こんな風にスタートした夏休み。
有意義に過ごしたいものです。



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…

2010年08月09日 (月) | 編集 |
関連会社の事務員さんと話していたら、またちょっと
したトラブルがあったとかでお怒りのご様子。
聞くところによると、水回りのトラブル対応のために
ある借主と連絡を取る過程で、契約違反となる犬の
飼育が判明。
経緯の確認と、ペット不可なので誰かに譲るか
退去するかを決めて欲しいと伝え、その日は
話が終わったそうです。




そして翌日。
なぜか借主の息子からキレ気味の電話がきた。
「飼ってるんじゃねぇ、預かってるだけだ
などと屁理屈を言い出し、とにかくものすごい
剣幕だったらしい。
更に、話を本題からそらし、まったく別の文句を
あーだこーだと並べ立てる始末。
契約違反をしているのは借主なのに、なぜか
オーナーが悪いという方向に持っていこうとする。
私の経験上、こういう人には何を言っても無駄です。
自分の要望を通すことしか考えてない。
…しかし。
それ以前に、そもそも契約者でも連帯保証人でも
ないアンタがなぜ電話してくるの?って話ですよ。




しまいには、自分には不動産屋や弁護士の知り合いが
いる、何なら出るとこ出てもいいんだぞ、だって。プッ
さすがの事務員さんも頭にきて、「どうぞ~ヘラヘラ」と
返したら更に怒って電話をガチャ切りしたそうだ(笑
しかしまぁ、、、
こんな風なあまりにベタな脅迫まがいのセリフを
吐く人ってたまーにいるんだけど、こちらが
じゃ裁判しましょって言ったらどうする気だろう?



私もだいぶ前に同じようなことがありました。
当人は女性の契約者で、階下の住人から階段の
上り下りやドアの開閉の音で苦情がきた時のこと。
契約者に電話を入れ、こういう話があったという
説明と、軽く注意を促しました。
すると女性も「あ、すみません気をつけます」
という感じであっさり終わりました。
ところが後日、その彼氏からこれまたキレ気味の
電話が入ったのです。。。





今回の件のように、契約書には一切出てこない人物。
本題から話をそらし、出るとこでるぞというセリフも
一緒です。
結局、私もプチっと切れてしまい、
「契約者でもない方に裁判がどうとか言われる筋合いは
ない、彼女が裁判やりたいと言うならどうそ、うちも
顧問弁護士がいますんで対応します」
と言って切りました。
そこでビックリしたのは彼女。
こんなに大ごとになるとは思ってもいなかったようで
翌日半べそ状態になりながら連絡してきました。
恐らく最初は、彼氏が「俺がちょっと文句を言って
やるから」という感じだったのでしょうね。
もしかしたら、彼女の手前、強い所を見せたかったの
かもしれない。
引っ込みがつかなくなったようにも思えました。
でもだからと言って、脅迫まがいのことをしていい
わけではないですよね。




最終的に、当然のことながら裁判には発展せず。。。
ちょっと笑ってしまったのは、彼氏が
「彼女がやめてくれと言うから引いてやる」
というようなセリフを言ってたことでしょうか。
あ~やっぱりぃと思ってしまったのでした(笑
余談ですが、契約人員は1名なのに、彼氏もほぼ
一緒に住んでいる状態だったようです。
そもそも契約者でもない上に、契約違反もして
いるというのに、、、
自分の事は棚に上げての猛攻撃…
たまにこういうタイプの人はいますが、一体何なの
だろうと思うばかりです。




この件は、入社してそんなに経ってない頃の出来事
でしたが、色んな部分で教訓になった経験でした。
こんな展開への対応の仕方も学びつつ、一方で
反省もあり。
音の問題は感じ方に個人差があり難しいんですよね。
どちらか一方の話を鵜呑みにしてはいけないなと。
ちなみに…
この契約者の前の人も後の人も、階下の住人から
苦情が来たことはなかったですけど。。。



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…

2010年08月06日 (金) | 編集 |
ツイッター風にしてみました(笑




本日はこちらに出没。

もちろん東大に用があるんじゃなく
物件の写真撮影です。



しかし暑い!



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…

2010年08月03日 (火) | 編集 |
駅近くのいつも利用する駐輪場周辺で、野良猫の
親子をよく見かけます。
あるお宅の軒先をねぐらにし、エサももらって
生活しているよう。
子猫は生まれてまだ数カ月程度のようで
本当に小さくてカワユイのです。
猫好きの私としては、今日はいるかいないか
チェックするのが日課となっています。




そんな中、ある日の朝のこと。
いつも通り駐輪場に到着すると、その子猫が
ねぐらであるお宅の軒先で、まるで行き倒れた
かのような姿が目に入りました。
しかもピクリとも動かず、本当に寝ていると
いうより倒れていると言った方がいい状態。
軒先は人の行き来が結構頻繁なので、普通なら
熟睡など出来そうもない場所です。



も、もしやこの暑さで…?
そんな嫌な考えがよぎってしまいました。
近付いて確認したい思いにかられたものの、
電車の時間が迫っており、気になりつつも
駅に向かったのでした。。。




電車に乗ってからも会社に着いてからも
頭の片隅で子猫のことがチラつき…
そんな感じで1日が終わり、帰りに少しドキドキ
しながら確認してみたところ、子猫の姿は既に
ありませんでした。
もしかしたら嫌な予感が的中し、誰かが役所に連絡を
入れて「回収」されたのか、それとも予感は外れ
人目につかない寝床にいるのか。。。
どちらか分からず、モヤモヤしたまま帰宅した
のでありました。





そして翌日。
nora-koneko.jpg
いたーーー!!





あ~よかった~~生きてたんだ。
今回は猫らしい寝姿
ふぅやれやれ。。。。。
このコ、翌日にはポストの上で土下座のような
格好で寝てました(笑
子猫ゆえ無防備なんでしょうかねぇ。
とりあえず安心しました。
でもこの連日の猛暑、野良猫にとって過酷な
環境であることに違いはなく。
目ヤニもちょっと気になるなぁ。。。
とりあえず軒先のお宅の方に助けてもらいつつ
無事乗り切ってくれることを願うばかりです。



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。