仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年12月07日 (土) | 編集 |
最近、記事の下の方に英数字の文字列が
ダーッと出るけど何これ。
広告のタグがおかしくなってるのかなぁ。
広告の文字列は自動的に入るから
自分で直そうにも直せない。
何だか非常に鬱陶しいが、とりあえず
しばらく放置しとこ。。。

それはさておき。
店頭のチラシを見て入ってきたお客さんが、
家賃減額は可能か?と聞いて来た。
うちの管理物件ではないのでチラシを確認
してみると、既に元の家賃から5,000円減額
されているものだった。
目を引く効果を狙ったのか、家賃を下げた
ことを強調している。

うーむ。
それを更に下げてくれときましたか~
ほぼ100%の確率でNOの返事ではないかと。
でもとりあえずと思い希望額を聞いたらば、
更に5,000円下がらないかと!!
てことは、元の家賃から10,000円の減額?
いやいやいや・・・・・無理ですわそれ。
相手業者に怒られそう
うちの取り扱い物件なら瞬時に断るし。
もー語尾にかぶせる勢いで。

結局、ちょっと厳しいですねとやんわりと
お断りしました。
聞くと、そもそもの予算は5万以下だそうで。
であれば、なぜにその金額の範囲で
探さないんだろう…
たまにそういう方に遭遇しますが、
毎回疑問を感じずにはいられません。

自分が予算に合わせて条件を下げたり
するのではなく、自分の予算に合わせるよう
物件(大家)に求めてくる。
話があべこべだよねっていつも思います。
そういうのって、身の丈にあった生活が
出来ない滞納しがちな人なのでは?と
警戒してしまうんですよね業者としては。

そういえば、お客さんはブランド物の紙袋を
持っていたなぁ。。。
たまたま手提げ代わりに使っていたのかも
しれないけれど。

しかし一気に5,000円ダウンかー
結構、思い切ったんじゃないでしょうかね。
空室期間が長引いているんだろうか。
築年数も古いしバス・トイレも一緒だけれど、
山手線の駅から徒歩10分以内。
リフォームするより家賃減額を取ったのかな?

まぁ何はともあれ、賃貸業もなかなか大変です…


ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。