仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年03月11日 (水) | 編集 |
3.11の東日本大震災から4年。

もうそんなに経ったのかと思う一方、
つい最近の出来事のようでもあり。。。

あの日、私は会社にいて関連会社の事務員さんと
電話中でした。
揺れが始まり、事務員さんが
「地震だ!机の下に隠れなきゃいけないからじゃあね!」
と、冗談混じりで会話を切り上げ、私も
「あはは~そうだね~」
などと軽く返し電話を切った。

またいつものように、せいぜい震度3位で
すぐにおさまるだろうと思ったんです。
が、次第に大きくなり、いつもと少し違う揺れ方で
しかもやたらに長い。
恐怖を感じ始めた時、照明が一瞬消え停電?と
焦る反面、「でもPCのデータはさっき保存したし」
なんて変に冷静な部分もあった。

長い揺れが収まった後、これはいつもと違うぞと
すぐにネットで速報チェック。すると
「震度7 震源地 宮城県沖」
の文字が飛び込んできて愕然。
あの文字列はすごく強烈だった。
直後に起きた津波の映像も・・・

その日、私は"帰宅困難者"決定、会社に
泊まることになりました。
身内への電話は誰にも繋がらず・・・
不安なまま、ずっとネットでニュースを観て
夜を過ごしていたっけ。

翌日も電車がまともに動いておらず、
お昼頃に事務所を出て帰宅できたのは夕方。
電車もものすごい混雑で…クタクタだった。

その後、電車が動かず休みになったり
計画停電で真っ暗な中を自転車で帰宅したり。
また、食料品や日用品の不足なども発生。
色々なことがあったものの、普段通りに戻るのに
それほど時間はかからなかった。

一方、被災地では、今もなお震災が続いている
状況の方々も沢山いると思われます。
街並みが戻っても、心は当時で止まっていたり。

特に、高齢での被災により沢山の人・モノを
失うことは、心身に相当なダメージだったのでは・・・
自分に置き換えて考えるとあまりに辛すぎる。

そのような人達のために役立てて欲しい
募金、復興税等、沢山のお金が集まったでしょうが、
使い道が色々と問題にもなりましたよね。
本来の目的とは違うことに使われたり、
まるで詐欺のようなケースもあり。
そんなことをした人間には罰が当たれば
いいのにと思う。

正直、だから私は募金とかをあまりしたくない…
特に、日頃街中でやっているようなものは
募金の使いみちが不透明だし。
最近は見ないけど、交差点で信号待ちの時などに
募金箱を目の前に差し出してお願いしてくる
人達がいたよなぁ・・・何なのあれ。

話が少し脱線しました。
ちなみに、当時、シンディ・ローパーのコンサートが
あって、終了後に会場で募金しましたけどね。。。

今日で4年。
被災地では、いまだ復興半ばの所も少なくないでしょう。
被災地のために集まったお金が、適正な人・もの・
場所にスピーディに使われて欲しい。
見た目も中身も、元通りに近付くよう願うばかりです。


ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。