仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年04月18日 (土) | 編集 |
4月から、宅地建物取引主任者の名称が
法改正により、宅地建物取引士に変更となった。

結構前から、業界団体主催の研修などでも
その話は出たりしていたのだけど。
法改正のために働きかけていますとか何とか。
それがようやく実現したんですね。

が、現場で働く人間にとっては「あ、そうなんだ~」
位の感覚でしかなく。
いわゆる”士業”になったと言っても、目に見えて
何かが変わるわけじゃないので。
それによって手当が出ることもないし。
むしろ、契約書類の「宅地建物取引主任者」という
文字列を修正する手間が増えた。笑

しかし、名称変更の意味って何なんだろ
この話が浮上した時から素朴な疑問だった。
恐らく、宅建主任者の立場や資質の向上みたいな
ことも含まれているのだろうけど・・・
でも、単に名前を変えただけですぐに実現する
ものでもないよねって感じ。
さて今後どうなっていくのやら。

そういえば、私も資格の更新が来年だ~早い
その時には「宅地建物取引士」証をもらうのか…
今まで長いこと「主任者」で来たから、
何だか少し違和感がなくもないなぁ。

何はともあれ、文字通り名称変更だけで
終わらないことを願うばかりです。


ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。