仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年07月28日 (火) | 編集 |
外国人客がやってきた。中近東系の男性。

私の職場界隈は外国人が意外と多く、
中国人に並んでよく見かけます。
なので、たまにこうやって来店することも。

たいていの人は片言ながらも日本語を話すのだけど、
今回はまったく話せないらしく。
入ってくるなり「リアルエステート?」と尋ねられた。

そうだと返すと、どうやら部屋はないかという
ことらしいけど(当然だが)、訛りが強いのと
早口とでよく聞き取れず

とりあえず予算を聞こうと「How much?」と
こちらも片言の英語でたずねたものの、
返ってきた答えがこれまた聞き取りづらい。

んーーどうしたものか・・・と考えていたら、
いきなりパスポートを出し「One copy?」と言い出した。
一枚コピーさせてくれってことかしら?
は?お部屋探しと関係なくない
私はNOと返したが、その後も3回位同じセリフを
なぜか繰り返す。笑。

途中から面倒になり、普通に日本語で対応。
「コピーはNOです。コンビニでお金を払えばできます」
「この道をまっすぐいけばありますよ」
と説明したけれど、ずーっと無表情なので通じたのか
通じないのかもよく分からず。

結局、「Can you speak English?」と聞かれた際に、
「I can't speak English」と返したら、諦めたのか
無言で出て行った。おいおい。
いったい何だったんだろ・・・
言葉もそうだけど、日本人と違い表情が読みづらい
部分もあって、よく分からないまま終わった感じ。

しかし挨拶ぐらいして出て行って欲しかったわー
わたくし取り残された感が。笑
どちらにせよ、うちの手持ちには外国人OKの物件が
ないので、お断りすることにはなったけど。。。

余談ですが、「I can't speak English」って、
英語を話せないと言いつつ英語を話してるよね…と
こういった場面に遭遇した際にいつも思ったりする。
まぁ"日常会話"が出来るか出来ないかって
意味なのは分かっているんですが。
何となくツッコミたくなるのだった。。。

そんなこんなで、外国人のお客さん。
今回は会話がきちんと成立せず、訳が分からぬまま
終わった感じでした。
もしかしたら、お客さんもそうだったかもね


ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。