仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年07月27日 (水) | 編集 |
ある物件が契約目前でキャンセルになった。

出来るだけ早く入居したいとの希望に沿うよう
クリーニング、鍵交換の発注も済ませ、
あとはいつ契約するかの段階だった。

連帯保証人でもあるお父さんの反対が
理由らしいのだけど・・・
なぜここに来てなの?って感じ。

申込書には連帯保証人の内容も記入するのだけど、
本人に確認しないと分からない部分もあり。
当然、物件の契約をすると話した上で
記入しているものとこちらは受け取る。
なのに直前で反対とは何で?となる。
と言っても、こういうケースはたまにあるんだよね。

実は今回のキャンセル、ここ数日の流れというか
空気が少々気になった私から客付業者に
確認したのが発端。
翌日にルームクリーニングを控え、もしキャンセルなら
クリーニング業者にもストップをかける必要があるしと。

悪い予感て的中するもんだなー
でも、出来るだけ早く入居したいと言われたし
合わせるために段取りしたんだけどね。

ちょっと腹立たしかったのが、客付業者は今回の
連絡の数日前からお客さんとコンタクトが
取れにくくなっていたということ。
私が再確認しなかったら、クリーニングが入り
契約書類も全部作成して被害が広がるところだった。
予兆があったのなら、その時点で言ってよー

それプラス、キャンセルの連絡をしてきた際に、
微妙に笑いながら&軽い感じだったのもイラっときた。
いやいやいや。
こっちは笑い事じゃないんだけど
頭にきたので、思い切り事務的に対応し、
速攻で電話を切ってしまったわ。

ま、申込みの時から、対応に?ってなる所が
ポツポツあったから意外ではなかったかな。

とりあえずクリーニングはギリギリ中止できたものの、
鍵の交換は済んでしまっていたから頭が痛い。
これからお盆休みも絡んでくるし、空室期間が
あまり長引かなければいいけど

そんなこんなのドタキャン。
今回はキャンセルだけでなく、客付業者の対応の
こともあってかなりモヤモヤが残るものだった。。。


ひとつポチッとしてくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

こ、こちらもついでに
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。