仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年01月28日 (水) | 編集 |
昨年末に起きたいわゆる「派遣切り」騒動。
あれから約1ヵ月、ニュースでも当時ほど取り上げられ
なくなっている今日この頃。
気が付けば遠い出来事のように…よくない事ですが。
「派遣切り」に遭った人達のその後は、一体どうなって
いるんだろう。。。



そういえば、仕事を探すにも「住所」が必要なため、
千代田区役所に沢山の人達が生活保護を申請したとか。
記憶では確か200人以上。
いやぁすごい数です。しかも一度に。
派遣村のニュースを見て、地方から上京した人も
結構いたようだし、、、
まぁ新年早々、職員の方達もフル回転で大変だった
ことでしょう。
しかし、一つの役所で一度にそんな大量支給して
財政的に大丈夫なものなのかと素朴な疑問が。
今は、財政難の自治体が大多数じゃないですか。
あ、でもイメージ的に千代田区は「黒字」だけど…
実際はどうなんでしょうね。




さてその生活保護。
不動産業者にとっても無縁ではありません。
お部屋探しをするお客さんは、老若男女、職業等が
様々だからです。
なので、営業会社さんからも生活保護受給者が入居
OKかどうかの問い合わせが時々入るし、直接来店する
お客さんの中にも、該当する方は時々います。
ですが…
基本、すべてお断りしているのが現状。
理由は一つ、うちの管理物件にOKの物がないからです。



最終的に可か不可かを判断するのはオーナーです。
正直なところ、9割以上はNOの返事。
それはやはり、不安な要素があるからにほかなりません。
その代表的なものとして、
家賃滞納
部屋で病死等により亡くなる

の二点が挙げられます。
これらの可能性が、学生や会社員より高くなるのは
否定出来ない事実。。。



私が更新事務を担当している物件にも生活保護の方は
いますが、家賃の支払い状況は様々です。
保護費を使い込んだのか、かなりの額を滞納し退去を
勧告せざるをえない人もいれば、まったく滞納のない人も。
なので、一概に生活保護=滞納とは言えません。
結局、生活保護、会社員等の立場に関係なく、最終的
には各個人の意識や自覚の問題が大きい気がします。
生活保護の方が滞納して追い出されてしまったら…
次に住む部屋を探すのは、難航する可能性大でしょう。
その状況をきちんと認識しているか否か。
滞納するしないの分かれ目は、そこにあるんじゃない
かと個人的には思っています。



オーナーとして不安を感じた場合に申込を断るのは
致し方のないこと。
周囲がどうこう言ったって、入居後に何かあったら対応
するのは自分です。
リスクを回避したいと思うのは間違いじゃないですよね。
私がオーナーでもきっとそうだろうと思います。
ただ、一個人としては、そうやってスパっと線引きする
ことに、心苦しさがないわけじゃないんですが。。。
でも、感情だけで物件運営していたら、立ち行かなく
なってしまうし。難しい問題です。




いずれにしても、民間の賃貸住宅では生活保護受給者の
入居はまだまだ難しいのが現実。
特に、東京の都市部では顕著な傾向は否めません。
オーナー側の意識も変える必要があると思いますが、
恐らく時間はかかることでしょう。
公的な助成金やサポート等、不安感を軽減させたり
リスクの埋め合わせをしてくれるようなシステムが
確立されれば、また違ってると思うのだけど。。。



ひとつポチッとしてくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
うち、結構います。
派遣や、バイトしている人よりも安定しているってことで・・・・ただし役場から直接大家さんに振り込むことを条件にしていますが。
全くの無職な人は今後も働く可能性がないから生活保護のカット時はお亡くなりになる時で・・・でそんな人はマメに介護に来る家族やケアマネが居るかどうかをチェックしてます。
微妙に働いている人は切れたときの為に保証会社を利用してもらっています。
この辺りでは、アル意味安定収入のある人の部類に入ってます。質が悪い人もそれ程多くないです。胡散臭い人も中にはいますがそんな感じを受ける人はお断りしています。
東京の大家さんはすごく嫌がるので多分場所が変われば生活保護者のイメージも違うんでしょうね。
2009/01/29(Thu) 07:23 | URL  | 日本花子 #-[ 編集]
日本花子さん、おはようございます。

そうなんですよね。
私も生活保護は、ある意味安定収入だと思います。
数少ない保護OKなオーナーは、役所に家賃分を直接取りに
行ったりしていますね。
本人に任せた場合、使い込むケースは結構あるんですよね^^;

あと、ボランティアやケアサービスの方達がサポートする
場合もあるんですが、ただ、それはかなり高齢だったり、
いわゆる軽い認知症だったり…
で結局、色々煩わしくなってしまって断るオーナーも
少なくないようです。
ほんと、東京の都市部では生活保護NGは多いですね。
でもまぁ少子高齢化が進んだら、そうも言ってられなくなる
のでしょうけれど。。。
2009/01/29(Thu) 09:43 | URL  | 従業員A #/cEQvFAM[ 編集]
はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいてます。
このところ家賃滞納する人増えてきましたね。
部屋を退去する人もドッと増えてます。
また、訪問させていただきます。
2009/02/04(Wed) 20:06 | URL  | ヘヤドメ #-[ 編集]
ヘヤドメさんじめまして。

コメントありがとうございます。
お名前に同業者の香りがしますね~
うちの物件も、ジャンジャン「部屋止め」が入って欲しいものです(^^ゞ

本当に滞納は困った問題です。。。
中には平然と住み続ける人もいたりしますし。
色んな事がありますが、お互いに頑張って繁忙期を乗り切りましょう!

またお暇な時にでものぞきに来てもらえたら嬉しいです。
2009/02/05(Thu) 01:54 | URL  | 従業員A #/cEQvFAM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。