仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年02月04日 (水) | 編集 |
不動産屋の仕事の一般的なイメージって、お客さんに
賃貸や売買の物件を紹介・案内するという感じかと
思います。



でも、私の場合は賃貸で、更に仲介などの営業的業務
より、管理業務がメインなのです。
まぁ一口に不動産業と言っても、売買、賃貸の違いは
もちろん、更に管理業務でも分譲と賃貸とでは内容は
かなり違うと言えるでしょう。
ただ、「共同住宅」「入居者」と関わると言った点では
共通しており、発生する問題の原因や解決策等の
根本は、結局のところ一緒のような気はします。。。



で、その賃貸管理業務とは、意外と「文書」を作成する
ことが多いのです。
私自身、他業種から転職した当時は少々驚きでした。
それは、私の中での不動産屋(更に言えばうちのような
小さな業者)の仕事とは、物件の紹介・案内…という
世間一般にイメージされるものだったからです。
ところが。
契約書や重要事項説明書等の定型的なものはもちろん、
個別の入居者への文書作成が意外と多いんですよね~



文書の作成・送付が必要となるのは、何らかの問題が
ある時がほとんど。
当然のことながら、問題の内容はそれぞれ違うので、
定型化するのはやや難しい面があります。
契約書などのように物件名や入居者名を変更入力すれば
OKというわけにもいかず。。。
結局は、社名や挨拶文等の決まり切った部分を除き、
その都度考えつつ作成している次第です。



時には、短い文章なのに言い回しというか…表現に
悩んで時間がかかってしまったり、一文を長くした
ために、意味がおかしくなったり。
入社以来、数えきれないほど作成してきましたが、
今でもそういう事はありますね。恥ずかしながら、、、



ちなみに、問題の内容が似通っている場合は、以前に
作成したものを雛型として使っています。
ただしその際は…
宛名だけでなく文章中に出てくる入居者名や物件名等の
修正も忘れないよう注意が必要です。
たまにやってしまうんですよねー。
文書の頭に例えば「●●ビル●号室 田中様」と宛名を
記載してあるのに、本文では「佐藤様」とか。
修正し忘れという単純ミス。。。
ほ、ほら~画面上だと見落とすこともあるんですよ~(汗
ついうっかりしてて。
あ、でも印刷後に一応読んでチェックしてます。
なので大丈夫。(多分)
…なんて言いながら。
今まで送ってきた無数のお手紙の中には、未修正の
ものがなかったとは断言出来ない、、、、、(おい)



それにしてもまぁ。
単純な通知など「お手紙」的なものはまだいいとして、
「確約書」「念書」「覚書」等々……
それぞれの違いが、いまだによく分かっていなかったり
するのだった。。。。。



そんな従業員A、今月末で入社7年ですw



ひとつポチッとしてくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。