仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年03月25日 (水) | 編集 |
昨日はWBCがすごい盛り上がりでしたね~



TV中継は、平日の昼間ということもあり、気になって
仕事にならなかった、仕事中にこっそりチェックした…
なんて人も結構いたようで。
私はちょうど物件チェックのため外出中で、時々携帯で
テキストの速報サイトをチェックしておりました。
(ワンセグ未搭載)
移動中の電車内やお昼に入ったお店等では、WBCの
ワンセグ視聴率がかなり高かったです。
昨日はどこもそんな感じだったみたいですね。
開催前は監督は誰だの何だのでドタバタ、開催したら
ピッチャーマウンド上に国旗を立てられる屈辱等…
まぁ色々ありました。
でも優勝した今は、みんな帳消しになるような、、、
何かこう心の中がスッキリした感じですね。
いや~久々に盛り上がりました。



さて話は変わって。
分譲マンションの購入をすすめる電話勧誘で、脅迫
まがいの「逆ギレ商法」なるものが一部で横行して
いるそうです。
詳細はコチラ→ 読売新聞



なんでも、


・あなたにマンションの購入を断られ、部下が人間不信に
 なって自殺した どうしてくれるんだ

・家に火をつけるぞ

・家族に気をつけろ


などと言い、契約を迫ったり脅したりするんだとか。
まったくまぁ…
あんたはヤクザかと突っ込みたくなります。
私も、休みで自宅にいる時などに分譲マンション購入の
勧誘TELを受けたことがあります。
私の場合、マンションだろうが何だろうがとにかく営業の
電話がかかってきた際は、相手のセールストークが
始まる前に、あるいは始まってしまったらそれを遮って


間に合ってますんで結構です


と有無を言わせぬように返し、切ってしまいます。
たいていの業者はそれで終わりますが、悪質な場合は
逆にそこから始まるということなんでしょうね。
確かに、たまに食い下がってくる人もいるし。。。
そんな時は、


お金ないんですみませ~ん


と言い、相手が話している最中でも切るのでした。
まったく忙しーんだよ私は
貧乏暇なしんなんですっ
(↑これもある種逆ギレ商法か)



・・・・・・・・・・。



そういえば、セールスの電話などで消費者側はNOという
意味の「結構です」と言ったのに、相手はYESという意味の
「結構」に拡大解釈して商品を発送し、トラブルになった
なんて話を聞いたことがあります。
しかし…なんだろう。
ああ言えばこう言うじゃないけれど、詐欺を働くような
人達って本当に悪知恵が働くよなぁと、ニュースで見聞き
する度に妙な感心の仕方をしてしまいます。
その発想力を、犯罪行為じゃなく、まともなビジネスに
活かせばいいのに。
ま、そんな「正論」が通用する相手じゃないだろうけど…



いずれにせよ、悪質な勧誘に対しては記事にもある通り

・毅然として断り、その後の電話には決して応じない
・相手方の発信番号を表示するサービスを利用し、
 着信拒否に設定する


等の対応をするのがよいようです。
ニュース記事では、しつこい電話に困った被害者が
業者に直接会って断った、なんてありますが
それはちょっとマズイんじゃないかと。。。



それにしてもまた、不動産業者のイメージダウンに
拍車をかけるようなニュース。
本当に勘弁して欲しいものです。



ひとつポチッとしてくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。