仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年11月30日 (月) | 編集 |
11/29(日)、平成21年度マンション管理士試験が
実施されました。
既に解答速報も出ています。
よかったら参考にしてみて下さいね
・資格の学校TAC
・日建学院





この試験もスタートから9年目となりました。
初年度の平成13年は、受験者が約97,000人もいた
ものの年々減少し、昨年は約19,000人。。。
ググってみたら、以下のように推移しています。


    受験者数 合格者数 合格率 合格点
H13年 96,906人 7,213人  7.4%   38点
H14年 53,317人 3,719人  7.0%   36点
H15年 37,752人 3,021人  8.0%   38点
H16年 31,278人 2,746人  8.8%   30点
H17年 26,184人 1,909人  7.3%   34点
H18年 21,743人 1,814人  8.3%   37点
H19年 19,980人 1,479人  7.4%   36点
H20年 19,301人 1,666人  8.6%   37点



ちなみにわたくし従業員AはH17受験者。
もう4年も経ったのか…早いものです。
あの時は頑張ったなー勉強。
短期間とはいえストイックな生活してさー。
今なんて、、、、、(遠い目)



それにしても初年度の受験者数はすごい!
多分、創設されて話題になっただろうし、受験者側も
初回は受かりやすいのでは…と期待した面もあった
ことでしょう。
資格試験て、最初はいいけれど次第に難化して
一定のラインで落ち着くイメージがありますからね。
取りやすそうなうちに受験しようと思うのは当然。
ところが。
蓋をあけてみれば、意外と難しかったり合格率が
低かったり…だったのかもしれません。
また、受験者数の減少は、宅地建物取引主任者や
管理業務主任者のように、設置義務や独占業務が
ないことも大きいと思います。
受験者や資格保持者としては、将来的にそれらが
与えられ「化ける」ことを期待する気持ちがある。
でも、思ったより難しく将来性も不透明となれば
減少するのもやむを得ないでしょうね。。。
受験料も宅建より高くて9,400円だし。




私自身の受験動機は、今後何かあった時…
例えば会社の倒産・リストラ(縁起でもないけど)、
やむを得ず退職等々に備えて宅建+αを、という
気持ちが一番でした。
新たに仕事を探す際に、ないよりは何かあった方が
いいのではといった感じです。
また、分譲と賃貸の違いはあれ同じ「管理」に関する
内容に興味があったことも大きかった。
なので、「化ける」かどうかについてはほとんど
意識してませんでした。
でも、いざ合格してみれば現金なもので期待は
してしまう。
とは言え、化けたところで現在の業務や給料に
変化をもたらすわけじゃないんですけれどね。




しかしよく考えてみれば。
独占業務がついたからと言って、開業すれば誰でも
食べていけるというものでもない。
商売は何でもそうですよね。
逆に、今の状況でも「マンション管理士」としてしっかり
営業・活動している方も沢山いるはず。
何だかんだ言っても自分次第ということでしょうか。
いずれにせよ、今後この資格の位置付けがどうなって
いくのかは気になるところ。
良い方向に向かっていって欲しいものです。




とにもかくにも今年度のマンション管理士試験は
終了しました。
合格発表は来年1月。
年を越してしまうと何となく間延びする部分が
あるかもしれませんが…
でもとりあえずはゆっくり休んで下さいね。
受験者のみなさんお疲れ様でした。



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
フロントマン日記 管理業務主任者 管理業務主任者. 本日、管理業務主任者の試験があった。 およそ20%の合格率の試験だ。 資格学校の予測では例年よりも若干難しかったようだ。 【2009/12/06 20:38】 | 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) ...(続きを読む) 『管理業
2009/12/07(Mon) 17:29:50 |  ちょっとニッチなニュースダイジェスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。