仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年01月09日 (土) | 編集 |
公設派遣村で、入居者に就活のために支給された
現金が、一部酒代やたばこ代に使われていたことが
判明したり、支給後に行方不明になった人が
多数出たりして
いるようです。
以下は産経新聞の記事より抜粋



 都は入所期限の18日までの就労活動用の交通費と
昼食代として、入所者1人当たり計2万2千円を
支給した(562人、総額約1236万円)。
 ところが、多くの入所者が活動費を受け取った直後に
近くの小売店で酒やたばこを購入していたことが判明。
店員は「朝から1万円札を握りしめた入所者が大勢
並んで買い物に来ている。たばこがかなり売れ、
酒やスポーツ紙などを購入する人も少なくない」と
証言した。60代の入所者の男性は「都に提出する
領収書がいらない交通費に出費したことにして帳尻を
合わせたい」と話した。
(中略)
 一方、都は6日、施設で生活保護説明会を開催。
23区と八王子市の担当者が入所者と面談を行ったほか、
就労支援のため1時間置きに最寄り駅まで送迎する貸し
切りバスを用意。入所者の朝夜食に1食当たり約500円の
弁当も支給した。都の当初の派遣村予算は6千万円だが、
関係者は「予算を大幅に超えることは確実」と話す。
 職場を解雇され、インターネットカフェを転々として
いた男性(46)は「就労活動のふりをして時間を
つぶしている人もいる。本当に困窮しているほかの
入所者が迷惑している」と語った。






なんじゃこりゃ。
ナメてんのかコラ
一納税者として腹が立つ。
でも一方で「やっぱりね」とも。。。
そう思った方も多いのではないでしょうか。
何となく予想してたんじゃないかと。
こんな事が当たってしまい残念です。




結局、こういった類の支援は安易に現金を支給すると
今回のようなことが起きるんだろうなと
思います。
「子ども手当て」の行方も少々心配になるなぁ…
新年早々、腹立たしさを感じさせるニュースでした。



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります

にほんブログ村 住まいブログへ


こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。