仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年01月12日 (火) | 編集 |
昨年末で退去した部屋が数件あり、また今月から
来月にかけても予定が入り始めてきました。
引越しシーズン到来を感じさせます。
そんな中、先日今年初めての物件チェックへ…




物件は3年前に全面リフォーム済み。
そういった場合、通常はクリーニングを入れるだけで
OKの状態が多いです。
但し、人によってはヘビースモーカーだったり
住まい方が荒かったりするので油断は出来ませんが…
でも、今回は滞納もなく更新の手続きも早目に対応
してくれた入居者でした。
そういったことから、恐らく部屋もきれいだろうと
予想しつつ入室。。。




予想通り、部屋には一切の残物もなく、手入れ不足を
感じさせる様子もありません。
キッチンや居室全体を見渡しても特に問題はなし。
これならクリーニングのみで大丈夫、とホッと
しつつ最後に流し台を確認したところ



tabasin-kpanel.jpg
キッチンパネルが焦げてた、、、、、




キッチンパネルとは、流し台回りの壁に取り付ける
パネルのことで、手入れのしやすさが利点です。
うちの物件でも、キッチンをリフォームする際には
某建材メーカーのものを使っています。
キッチンに使用するので、基本的に耐水性や耐熱性は
あるでしょう。
ただ、今までガス台周辺のパネルが今回のような
状態だったことに何度か遭遇はしています。
ガスの火力が強かったのか本格的な料理をして
炎でも出たのか。。。
とにかく範囲は小さいながらも焦げていたり
溶けていたり。
まぁ金属ではないから仕方ないかもしれません。




いずれにしても、このパネルは補修が必要です。
残念ながら費用は借主負担となるでしょう。
きちんとしていた方だけに、免除したい所ですが
そうもいきません。。。
とにもかくにも新年初チェック。
小さな問題はあったものの、無事終了しました。



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります

にほんブログ村 住まいブログへ


こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
おはようございます。
この焦げよく見かけますね。

お料理を良くする人に多いし、
コンロの火力の強い方が壁側だったり、
大きな鍋をかけると壁との距離の余裕がないので焦げたり・・・・・原因いろいろですよね。
でも壁にステンレスが貼ってあって気付かず壁の中が焦げてたこともあるので目に見えたほうが良いのかなとも。
市販品でアルミの油はね防止の立てるヤツあるじゃないですか(わかります?)あれやるだけで全然違いますよね。
良く焦げる部屋には使用するようにお話しています。
2010/01/13(Wed) 06:51 | URL  | 日本花子 #-[ 編集]
日本花子さんおはようございます

やはり見かけることがありますか。
私が見てきたケースでも、夫婦、ファミリー、女性という感じで
日常的に料理をするであろう人達のお部屋でした。
ステンレスで壁の中が焦げてた…
そんなこともあるんですね。
確かに、多少の焦げ付きの場合はクリーニング時に研磨して
もらっていますが、焦げの度合いが強いと穴があくことも
あるかもしれません。
アルミのやつですね~わかります!
入居のしおりに注意事項を追加しようかな、、、
2010/01/13(Wed) 09:54 | URL  | 従業員A #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。