仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年04月30日 (金) | 編集 |
いよいよGWに突入。
中には11連休などと羨ましいを通り越して
嫉妬をおぼえる企業もあるようで。
ちなみに私は暦通り、しかも5/1(土)は出勤なので
受ける恩恵は最大4連休です。
ま、海外でヴァカンスの予定なんてないし
4連休だけでも嬉しいですけどね。。。ちっ。




さて少し前になりますが、ネットで見つけた記事↓
住宅難の北京に「カプセル・アパート」、広さ2平米
※別窓が開きます

写真を見てびっくり…まるでネットカフェのようです。
2平米というと約1畳分ですが、そんなにあるか
微妙にも思えたり。
また、窓はなく開口部は天井(?)のみで金網が
張られています。
しかし結構な圧迫感だ~2平米だから当たり前か。
ところでキッチンやトイレ、シャワーなどは
どうなっているんだろう。
別途共同設備として設けられているのか…?
短い記事を読んだ限りでは何とも判断しがたい
ですが、一応「アパート」と記載されている。
だからあるでしょう。。。多分。
いずれにせよ少々謎の多い物件です。




ちなみに気になる1ヵ月の家賃は、、、
日本円で約3,500円~4,800円だそうです。
これは安いのか高いのか・・・
日本ではないので簡単に判断できませんけれど。
そういえば日本でも「押入れハウス」と呼ばれる
ものがあったはず。
私も以前、TVで文字通り押入れの上下をそれぞれ
「個室」として賃貸しているのを見たことがあります。
↓ちょこっと検索してみたらこういうものが。
asahi.kom
※別窓が開きます

家賃は光熱費込みで月2万7千円。
シャワーとトイレ、台所は共同。敷金・礼金なし。
普通の賃貸アパートとは少し違うので、
業者としては安いか高いか判断しかねますね。。。




私の担当物件でも、数は少ないですが
風呂なし・トイレ付or風呂なし・トイレ共同という
ものも何件かあります。
立地も記事の浅草と比較的近い場所で
家賃は3万前後、広さは4.5~6畳。
室内には小さな流し台があります。
本当に昔の、、、「昭和」を感じさせる物件です。
ただ、敷金・礼金、更に仲介手数料もあるし
入居審査もきちんと行います。
家賃10万のお部屋と扱いは一緒。
記事の「押入れハウス」は、広さの点で考えると
賃貸住宅というよりレンタルスペース的な
感じでしょうか。




「ウサギ小屋」ともたとえられる日本の住宅事情も
びっくりの、日中の狭小”住宅”。
経済状況や価値観は人によって違うし、
日本について言えば、一般の賃貸住宅では審査等で
入居出来ない人達も沢山います。
そういった方々の受け皿のひとつと言えるのかも
しれませんね。



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
今日はご出社ですか。気持ちのよう晴です。仕事してる場合じゃないかもしれません(笑)

北京の極小アパートの記事、私も、どこかのネットニュースで見ました。
東京の山谷のほうが、まだましかも・・ですね。
それに、この北京のアパートは、同類の日本のアパートにヒントを得たもの、と報道していました。
たぶん、山谷のマネ?
こんなことで日本がトップを走っているのも、お恥ずかしいように、思います。
2010/04/30(Fri) 12:28 | URL  | 群青 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
群青さんこんにちは。

GWは全般的に天気がよさそうですが、私は恐らくまた近場を
うろちょろするだけなのであまり関係ないんですよね^^;
それでも悪いよりはいいですけれど!

「押入れハウス」は本当に狭いですよね。
需要があるのだろうけれど、それでもあの窮屈さ。。。
長期間住んでいたら、心身に影響を及ぼすんじゃないかと
個人的には思ったりします。
今後ああいったタイプのものが増える世の中にはなって
欲しくないです。
2010/04/30(Fri) 20:03 | URL  | 従業員A #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。