仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年05月19日 (水) | 編集 |
仲の良い営業会社の店長さんと電話で話して
いた時のこと。
ある物件の入居者募集をすることになったため、
それについての軽い打ち合わせです。




その物件は大規模で戸数が多く、うち以外にも色々な
業者が他の空室を募集しており、営業会社にも時々
図面が流れくるとのこと。
私は、どこの業者なのか、どんな条件なのか等々が
気になり、店長さんにあれこれ聞いていたところ急に
あ!そう言えば、少し前に挨拶回りでその業者に
行ったら○○さんがいたんですよ。
すごい偶然でびっくりしました。

と言いました。



○○さんとは、以前、その営業会社にいた人です。
直接うちの担当者ではなかったものの、私も何度か
会ったり話したりしたことがある顔見知り。
でも、4年位前だったか突然辞め、その後は東京も
離れ、異業種に転職したと人づてに聞いていました。
当時、その営業会社は完全歩合制。
恐らく、思うように数字をあげられなかったり、
休みが少なく体力的にもハードだったのが
理由じゃないかと思います。
数年前までは本当に人の入れ替わりが激しくて
その人以外にも突然来なくなった…なんて話は
時々耳にしてたんですよね。
今は、給料や休みの面がだいぶ変わってきたらしく
以前ほど聞かなくなりましたけど。
それにしても奇遇やら何やら。。。
偶然の再会にびっくりですが、それ以上にてっきり
もうこの業界には戻って来ないと思っていたので、
舞い戻っていたことに私は少し驚きました。




でも思い出してみたら、、、
過去にも、他の業者でうちを担当していた営業マンが
ある日突然、置手紙を残し辞めてしまったことが
ありました。
しかし、それから少し経った頃、なんとその営業マンが
別の業者名を名乗り、うちに物件の問い合わせ電話を
かけてきたのです。しかも結構あっさり&元気そうに
「○○です、お久しぶりです」
「いや~その節はご迷惑をおかけしました」
なんて言う。。。
挨拶もなく、抱えていた仕事を投げて辞めたのに
よくかけてこられるなぁと内心唖然としました。
辞めた直後、その人がいた営業会社サイドも私も
結構ドタバタさせられたんですよね。
彼が受け持っていたお客さんとの連絡調整や
契約の段取り等々で。



結局、電話をかけてきたのも物件の空室確認というより
ネットへの掲載希望の話が本題だったことも分かり
更に唖然。
突然手紙を残し姿を消す…
ちょっとナイーブな人なのかと思えば、そんな図々しい
こともしてきたり。
正直もうワケが分からなかったですね。
最終的に、私はネット掲載については断りました。
するとそれきり、その人から二度と電話はかかって
こなかったです。。。




この業界は意外と狭いし、一旦異業種に行っても
また戻ってくる人が多いように思います。
A社を辞めた誰々が今はB社で働いてる、なんて話も
たまに耳にしますんで。
それにしても、私も辞め方には気を付けよう…
次に行った先に悪い話が伝わったら嫌だし……
ま、今のところ辞める予定はないですけどね(笑



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。