仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年05月27日 (木) | 編集 |
何かと話題の事業仕分け…第2弾が終了したとのこと。
今回も色々な事業が対象となったようですが、
個人的には運転免許に絡むものに関心を持ちました。
ちょうど私も2月に免許を更新したばかり。
当然のことながら教本ももらったわけで。
一応持ち帰りはしたものの、パラッと見ただけで
すぐに資源ゴミの日に出してしまった次第です。
率直に毎回もったいないなと思いますね。




それから事業仕分けには直接関係ないけれど
以前から疑問に思っていたことがあります。
更新の手続き時に交通安全協会の会費の支払いを
必ず求められますよね。
確か3000円位で結構な金額。
窓口の人は義務・強制のような言い回しをするので
払わないといけないのかと思いきや、そうではない
らしいですが…
あれは何なのだろう?詳しい使いみちが不明だし。
ちなみに今回の更新でわたくしは
「あ~お金がないんで、、、すみません」
と言って断ってしまいました
疑問もそうなんだけど、実際、財布にお金をあまり
入れずに来てしまったので(笑
で、お断りしたところ、窓口のおばちゃんは
同じフレーズをもう一回リピートし食い下がる。
しかし、わたくし従業員Aも
「あ~お金がないんで、、、すみません」
とリピートしたのでありました。。。





さて運転免許関連の他に、関心を持ったのは
国家資格に関するものでしょうか。
検定・講習を独占的に行う公益法人が、高額な受講料で
収益を得ていることが問題視されたようです。
※関連記事はコチラ→時事ドットコム

私自身も不動産関連の国家資格を3つ所持しており
受験・登録・更新に際し結構な費用を投じてきました。
一番かかったのは宅建ですかね。
受験料は別としても、合格~登録にかなりの費用が
必要になるのです。
私は実務経験がなかったので、実務経験に代わる
実務講習費用に約5万(当時)、資格登録に約4万。
その他、登録に必要な書類を揃える費用も含めると
10万円程度かかったことになります。
国家資格取得は宅建が初めてでしたが、正直な所
こんなにかかるものかとビックリしましたね。
ちなみに、不動産関係の資格の受験料、更新費用
などを調べてみたところ。。。



【マンション管理士】
・受験料:9,400円
・資格登録手数料+登録免許税他:13,650円
・更新時:16,000円

【管理業務主任者】
・受験料:8,900円
・実務講習費用:22,050円
・資格登録手数料:4,250円
・更新時:9,450円

【宅建】
・受験料:7,000円
・5問免除講習費用:15,000円~20,000円前後
・実務講習費用:20,000円~30,000円前後
・資格登録料:37,000円 
・更新時:更新受講料11,000円+主任者証申請手数料4,500円

※ざっと調べたので、金額が前後・不足する部分も
 あると思われます



いやぁ改めて並べてみると、どれも結構な費用が
かかるものですね。
いずれはこの資格も事業仕分けの対象になったり
するのだろうか。。。
マンション管理士と管理業務主任者は合格率はかなり
違うけれど、試験内容は重なる部分が多いし。
意義を問われるかもしれないなぁとも思います。
現状は、マンション管理士に独占業務がないわりに
受験料は結構高いですからねぇ。
試験団体も天下りが沢山いそう。
格好のターゲットじゃないですか~(笑
もうこうなったらいっそ統合でもして、建築士じゃ
ないけれど1級・2級に分けて業務範囲を線引き
したら?なんて思ったりする。



そう言えば、私も来年~再来年にかけて3つの
資格の更新が立て続けにあります。
また出費が重なるので覚悟しないと
でもね~
いつか、3つの中から将来性ゼロなんてものが
出てきたら、その時は更新をやめるかも。。。



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。