仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年02月26日 (土) | 編集 |
退去にまつわる話を書くのはかなり久しぶりの気がして
確認してみたら、何と去年の夏以来。。。
半年以上経っていたのかと少々驚きました。



実はここのところ、退去に際して特に大きな問題もなく
来ているのです。
汚れや破損があっても経年変化の範囲のものが多く、
以前のようにビックリする状態のことは滅多にありません。
残物もゼロの確率がかなり高い。
まぁそれが本来の退去であり「原状回復」なんですが。
恐らく、退去前に注意事項の書面を渡すようにしたことが
大きく関係しているんじゃないかと思います。
結構こまごまと書いてありますんで^^;
例えば、残物があった場合は小さなものでも処分費用○円、
鍵を退去後1週間以内に返却してもらえない場合は
鍵作成費用○円がかかります…等々。
本当はそんなことをわざわざ書きたくないんですよね。
でも、書かなければならない状況がそれだけ多かった、
ということなのです。



前置きが長くなりました。
さて今回の退去物件、入居者は滞納もなく日頃の対応も
良い方だったので、特に問題はなさそうだなと予想。
実際に室内を確認したところ、残物もなく汚れや破損も
経年変化と言える程度のもので一安心。
しかし、最後にトイレを覗くと…
minao-tenjo.jpg
あわわ天井が、、、、、何だかちょっとコワイ



多分、漏水か雨漏りが発生したのでしょう。
しかも一度きりではない。
このような天井のシミ、築年数が結構経っている物件を
チェックした時に見かけることがあります。
すぐにおさまったり少量の場合は連絡しない入居者も
いるようで、退去後に漏水や雨漏りが分かることも。
でもまぁ本来は、借主には報告の義務があるんですが…
放置した事によって損耗がひどくなった場合、費用負担の
可能性も出てくるので注意が必要です。
しかし、今回は天井のボードがはがれ照明器具にも影響が
及んでいるのに何で言わなかったんだろ?と素朴な疑問。
入居者の落ち度とは考えにくいわけだし、それ以前に漏電
その他の危険も出てくるというのに。
割と大人しい感じの人だったから、遠慮して言いにく
かったのかなぁ。。。



いずれにせよ、今回の退去により発覚した雨漏りor水漏れ。
修理も兼ねてまた大規模なリフォームとなりそうです…



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。