仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年03月13日 (日) | 編集 |
地震から二日目になりました。
時間が経つにつれ震源地域の被害状況が明らかになり、
ただただ愕然とするばかりです。



地震発生時、私は谷中での物件写真の撮影を終え会社に
戻った直後でした。
グラグラと揺れ始めた時は、関東でたまに起きる震度
2~3位の地震ですぐに収まるものと思ってました。
しかし揺れはどんどん大きくなる一方。
更に一瞬停電しかけたので、これは"いつもの"とは違うと
恐くなり、急いで自動ドアや裏口を開放。
そして長い揺れがようやく収まりホッとしたものの、絶対に
ただ事じゃないとすぐにネットをチェックしたら東北地方で
甚大な被害が・・・



その後私も「帰宅困難者」となりました。
JRは全線で終日運転を取りやめたため、帰る手段が歩きか
タクシーしかなくなってしまったのです。
しかし私にとっては、自宅までの距離的に両方とも現実的
ではありません。
そもそも、こんな時にタクシーもつかまらないでしょうし
渋滞も目に見えている。
なので早々に諦め、会社で待機することにした次第です。
そんな中、外を見ると沢山の人達が最寄りのターミナル駅に
向かってゾロゾロと歩く光景が目に入りました。
電車は全てストップしているはず・・・
あの沢山の人達はその後はどうしただろう?
近辺で開放されていた公共施設で一夜を明かしたのかも
しれません。。。



会社に泊まるのは"久しぶり"でした。
というのは、前の職場では時々あったことだったので。
その時のようにイスを並べて寝たものの、キャスター付で
不安定なのと、同じ「帰宅困難者」となった男性スタッフの
大きなイビキでよく眠れぬまま夜が明け・・・
結局、翌日は帰宅出来ましたが、会社を出てから自宅到着
まで4時間近くを要したのでした。



帰宅して改めてニュースを見てみると、被害が想像以上に
大きくてショックを受けるばかり。
津波による壊滅的なダメージを受けた光景を目にすると
涙が出そうになります。
一つの街が消えてしまったと言っても過言ではない状態…
また、いまだ安否不明な方が沢山いるようですし、犠牲者数も
時間が経つにつれ増える一方です。
今後、もっと実態が明らかになった時には一体どうなるのか
考えると気持ちが重くなります・・・
現在、余震も断続的に発生しており予断を許さない状態。
みなさんのお住まいの地域は大丈夫でしょうか。
とにかく今はただ、一刻も早い復旧や安否確認が出来ることを
願うばかりです。。。



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。