仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年06月03日 (金) | 編集 |
ネットのニュース記事から。
ご覧になった方もいると思いますが・・・
ナイナイの岡村さんが前に住んでいた賃貸マンションに
関して、大家とトラブルになっているそうです。
退去時の原状回復費用を巡るものですが、大家側から
請求された金額がなんと合計350万円!
詳細は記事を読んでいただくとして→NEWSポストセブン
概要をザッと箇条書きにしてみます。


===物件概要===
・所在地:都心の一等地
・4階建て 2SLDK 55坪(!)
・家賃80万
・入居期間5年

===退去時に請求された原状回復費用===
・合計350万円
・内訳
入居時に撤去したクローゼットの回復費用150万円、
換気システムの掃除160万円 など

===オーナー側の話===
■クローゼットについて
・入居時に借主から使わないので 外してほしいと言われ
 外した。但し、退去時に借主の費用負担でクローゼットを
 原状回復する条件になっていた。
・入居時に外したクローゼットはもう使用えないので、
 新しいクローゼットを取り付ける必要がある。
・金額が150万円になったのは、物件の立地が高級住宅地
 という場所柄良い素材のものを使用、クローゼットの
 代金と取り付け費用でその金額になった。

■たばこの汚れの掃除費用について
・借主はかなりのヘビースモーカーのようだった。
・管理会社は年に1回位、換気扇や排水管、空調のダクト
 などの清掃を行っていたが、部屋に入れてもらうことが
 出来ず1度も清掃できなかった。
・空調の管は天井裏等にも通っており、清掃を行うには
 天井を一度壊し、清掃後に再び天井を作る作業が必要。
 それに160万円かかる。


うーん・・・
いくら何でも高すぎなんじゃ?というのが率直な感想です。
まずクローゼットに関しての素朴な疑問。
新品とはいえ、150万てどれだけ豪華なクローゼット
なんだろうと。
まぁ高級賃貸マンションだから、設備等も基本的には
高価なものを使っているんでしょうが。。。
でも、もし元々ついていたものよりグレードが高くなって
いるとしたら、少し意味合いも変わってきますよね。
国交省のガイドラインでは、グレードアップは原状回復
ではないから、費用は貸主負担だとされているし。



次にヤニ汚れの掃除費用。
確かに、ヘビースモーカーの人が住んでいた部屋は
壁や天井が真っ黄色になることがよくあります。
クロスを全部貼り替えなくてはならない場合が多く、
その際はうちでも借主に費用負担を求めています。
負担の割合は状況によって変わりますが。
ただ、このケースの"空調のダクトの掃除"の意味が
私には少し理解できないんですよねぇ。。。
詳細が分からないから尚更。
天井を壊してまでするダクト掃除の必要性って
どんな理由からなんでしょうか。
ヤニがダクトに付着したことで、室内にもヤニ臭い
空気が流れ込んでくるとか?
何にせよ、換気システムの掃除代160万というのは
通常の感覚では高すぎる印象ですよね。



とにもかくにも合計350万円!!
うちの物件だと、一部屋をフルリフォームした場合の
値段なんですけど^^;
ま~これはモメそうですよねぇ。
記事の中で住宅評論家の方も言っているように、私も
全額支払う必要はないんじゃないかと感じます。
仮に裁判になっても、そのような判断が下される可能性が
高い気がするんですが、、、
ただ、事の経緯や費用の詳細な内訳が分からないので
何とも言えませんけどね。
管理会社も、相手が有名芸能人だけに取れると思ったの
かなぁなんて勘繰ってみたり。。。
いずれにせよ、今後どうなっていくのか非常に気になる
ところです。



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。