仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年10月20日 (木) | 編集 |
昨日の営業時間中の出来事。
不意に自動ドアが開いたので来客かと思い
顔を上げたのですが誰もいません。
ちなみに、自動ドアは大きなボタンというか
スイッチのようなものを押すと開くタイプ。
だから誰かが押さないと開くはずはないのです。


実は、以前から度々自動ドアを"開け逃げ"される
イタズラがありまして。
ボタンが押す音が聞こえると同時にドアが開き
私や他のスタッフが顔を上げる。
でも誰も入ってこないし姿も見えない・・・
いわゆる「ピンポンダッシュ」のようなイタズラです。
事務所内は自動ドアに面と向かう形で机は配置
されているのですが、前面には高さ40cm位の
パーテーションが付いています。
そのため、普通の大人の背丈なら顔を上げれば
上半身は確認できるけれど、自動ドアの下の方
までは見えません。
小さな子供だったり、しゃがんだりしていたら
分からない…という状態。


まぁ何にせよ、開け逃げのイタズラには以前から
頭にきていたわけです。
とは言っても、その度にわざわざ外に出て
誰の仕業か確認する等は特にしませんでした。
"犯行時"は電話中だったり立て込んだり等してる
場合もあるし、いつも注意を払えるとは限らない。
それと、そのうち飽きて止めるのを期待してた
部分もあったんですよね。
でもその期待はずっと裏切られ続きで、ここ最近は
もういい加減にせーよという状態で。
あ、そうそう。
"犯行"の時間帯はたいていいつも夕方頃なので
恐らく"同一犯"だろうとは思っていましたが。


そして昨日。
ドアが開いたもののまたもや誰もいない。
今回は少し立ちあがって確認したところ
野球帽をかぶった子供の頭が見えました。
一瞬迷ったけれど私はすぐに外に出て、後ろから
その男の子に声をかけイタズラするなと注意。
すると振り向いたもののすぐにプイッと前を向き
無視して歩いて行ったのだった。。。
小学校低学年と思われるその子、特に悪びれもせず
「やべー!」と逃げるでもなく。
何なんだろうあの子供らしからぬ変な落ち着きと
いうか冷めた雰囲気は。
むしろ「ばれちまった!」って感じで逃げる方が
いっそ清々しく感じてしまうような。
悪い事してるって意識があまりないのかな…?


今回、誰がやっているのか分かってスッキリした
反面、何とも言えぬモヤモヤ感が残ったので
ありました。。。。。
しかしまー
私も近所のおばちゃん的な根性丸出しで
注意なんぞして我ながら少し驚きました。
名実ともにおばちゃんてことですかね(笑



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。