仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年05月30日 (水) | 編集 |
ある物件の共用部に設置されたスイッチ。
201205_switch.jpg
とても時代を感じます。"昭和"のかほり。


私の担当物件は築年数の古いものが多く、
こういったタイプのスイッチを
以前はよく室内で見かけました。
でも最近はリフォームが徐々に進み
目にする機会も少なくなっています。


だいぶ前に客付け業者から聞いた話ですが。
お客さんから出された条件が、レトロな
雰囲気…というのがあったそうです。
今風にきれいにリフォームされているの
ではなく、柱や梁が出ていたり、壁も
クロスではなく塗り壁だったり等々。
多分、古民家や蔵のような昔ながらの
日本家屋のイメージなんだと思います。


古民家"風"にリフォームしたお部屋も探せば
どこかにあるだろうけど、そうそう見つかる
ものじゃない。
なので、その条件を満たすとなると、
必然的に築年数の古い物件になってしまう…
お客さんも、むしろ古ければ古い方が
よいという勢いだったそうで。
結果、うちで募集中のとある下町の物件が
候補の一つとしてあがり、内見することに
なったんだとか。
確かに…かなり古い木造アパート^^;


で、その内見時、写真のようなスイッチが
室内にあり、それを見たお客さんが
「こういうのがいいんですよね~」
と、すごく食いついていたそうです。



結局、他の物件に決まり申込みには
至りませんでしたけど。
しかしまーそういう"古さ"に魅力を感じる
人もいるんだなぁと印象深かったですね。
本当に好みは人それぞれだなと。
ちなみに私は・・・
きれいで新しいスイッチの方がいいです^^;



ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。