仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年01月26日 (土) | 編集 |
お昼に入ったファミレスでのこと。
隣の女性2人の会話が聞こえてきた。

女性A:そういえば猫ちゃん元気?
女性B:うん。でもうちには猫がいないことに
    なってるんだよねー
女性A:え?
女性B:今住んでる所は、犬1匹は許可をもらって
    いるんだけど、猫の事は言ってない。
女性A:そうなんだーでも確か3匹いたよね?


従業員A:!?

話の感じだと、どうやら住まいは賃貸らしい。
そして、犬1匹はOKだがそれ以上はNGの模様。
要するに、無許可でペットを飼育していると
いうことのようです。

まぁこうやって、ペット不可物件において
内緒で犬や猫を飼っている人は、多少なりとも
存在するだろうなとは思います。
実際、私も何度か遭遇したので。

例えば…
ある物件で空室が出たので確認に行ったところ、
別室の窓辺に猫が佇んでいるのを目撃。
またある物件では、退去後に室内に立ち入ると
明らかにクサい&クロスが引っかき傷だらけで
ひどい状態。
更に、やはり空室確認のため物件に到着したら、
犬を連れて散歩に向かおうとしている住人と
エントランスで遭遇したり。
この入居者、唖然とする私に「こんにちは」と
笑顔で挨拶してくれました(笑
業者だとは思わなかったんでしょうね。

まぁ、これらはたまたま発覚したケース。
実際はもっといるんじゃないかと。。。
ペット可物件は、とにかく数が少ないし
家賃も割高ですからね。
それが無断で飼うことにつながるのでしょう。
ただ、それはとても大きなリスクを伴う。
契約解除になっても仕方がないわけだし。
ちなみに、もしうちの物件で発覚したら
・契約解除
・家賃UP、敷金追加(飼育OKの場合)
の二択ですね。
で、このどちらも嫌だとなったら、誰かに
譲るなり手放してくれとなります。

それから、退去後に無断飼育が判明した場合、
室内の原状回復費用は当然請求します。
一体、どんなしつけをしてたんだ?という位
ヒドい状態のケースもありましたからねー
確かその時は脱臭も必要で、合計20万以上に
なったんじゃなかったか・・・

そんなこんなのペットの無断飼育。
大きな代償と背中合わせでもあるのです。。。


ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。