仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年06月01日 (土) | 編集 |
私の担当ではないが、ある物件に入っていた
申込みがキャンセルになった。

申込みからたったの数日。
でも正直なところ驚きはなく、やっぱりという
感じでしたね。予想通りというか。

というのも、引っ越し理由が離婚を前提とした
別居のためとのこと。。。
実は、私の担当物件でも、過去に同じ理由で
申込みが入ったことが何度かありました。
でも、すべて後にキャンセル。
しかもそう日にちを置かずにです。

あくまで想像ですが、喧嘩をした勢いのまま
別居用の部屋を探しに不動産屋へ行き
衝動的に申込み。
が、その後、冷静になったり話し合いを
したりして元の鞘に戻った。
で、物件はもう必要ないのでキャンセル。
…そんな流れなんじゃないかと。

実際、結構前の話ですが、やはり旦那さんが
別居するので部屋を借りたいとのことで
申込みが入りました。
しかし、契約へ向けて動き出した矢先に
キャンセル。
申込みから2~3日後のことでした。

客付け業者の話によると、わざわざ来店して
キャンセルを伝えに来たらしく。
「仲直りしたので」と、ものすごい嬉しそう
だったとか(笑
まぁね。
確かに、めでたしめでたしですよ。
でもこちらは、何だかなーってなもんで。
夫婦喧嘩に振り回された感が否めなかった。

余談ですが。
そのご主人、最初に来店した時は、めっちゃ
不機嫌そうで感じ悪かったとか。
きっと喧嘩直後だったんでしょうね。
まーやれやれでしたわ。

そんなこんなで。
引っ越し理由が「別居」の場合、少しばかり
警戒モードに入ってしまうというお話でした。


ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。