仕事のこぼれ話、雑談など
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年08月28日 (水) | 編集 |
とあるうちの管理物件。

最上階がオーナーの自宅となっており、共用部の
清掃等、管理作業もオーナー自身が行っている。
以前、このオーナーから聞いた話。。。

ある夏の夜、入居者(女性)が訪ねてきた。
何事かと思ったら、Gが出て取り乱しているうちに
どこかに逃げて姿が見えなくなってしまったそう。
で、恐くて部屋にいられないとの訴えだった。

オーナーは、代わりに退治すべく入居者の部屋へ。
んが…出没から時間も経ち、姿は見えない。
退治も出来ず、かと言って入居者は恐がって
部屋に入ることが出来ない状態。
するとオーナーは、隣室が空室だったのを思い出し、
今晩は隣の部屋で過ごしなさい、Gはまた探して
退治するからと言い、空室を一晩開放したんだとか。
で、Gも退治してあげたらしい。

それを聞いた私、「え゛…!や、優しすぎる!!」と
絶叫してしまいましたわ。
Gを退治し、避難場所まで用意するなんて。
私なら多分やらない気がするなぁ。。。
せいぜい、殺虫剤を貸して励ます位じゃないかと。
設備の修理等ならいざ知らず、日常の些細なことは
借主自身で解決するのが基本ですからねぇ。
何でもかんでもやってあげていたら、きりが
なくなってしまう。

そんなようなことを私が言ったらば、
「だってしょうがないじゃな~い(オーナーは女性)。
恐いって震えてるんだものー」と。
まぁ確かに、同じ建物内に住んでいて訪ねて
来られたら放置できないか。
私もオーナーの立場だったら恐らく。
離れた場所の物件なら、行けないから何とか頑張って
退治してくれと言うし、言うしかないんですけど。

でも、それを差し引いてもこのオーナーは親切で。
見た目がキチンとしてて、ちょっと恐そうな印象も
ありますが…
実際にお付き合いしてみると、業者の私達に対しても
無理難題を言ったりすることもない。
気さくに雑談出来て、時には長電話になることも(笑
かと言って、必要以上の接触はなく、よい距離感で
お付き合い出来る方なんです。
だから多分、借主に対してもそうなのでしょう。

同じ建物内や敷地内にオーナーが住んでいるのは、
人によっては敬遠する要素でもあったりします。
一方で、こんな風にいざ(?)という時に頼りになる
こともあるので、一長一短と言えますかね。
結局良し悪しは、オーナーの人柄によるところが
大きいんじゃないかと。。。

そんなこんなで。
親切なオーナーが体験したお話でした。


ひとつポチッと応援してくれたら励みになります
にほんブログ村 住まいブログへ

こ、こちらもついでに…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。